• TOP
  • 相続Q&A
  • 相続をしたくない場合はどうすればいいですか?

相続をしたくない場合はどうすればいいですか?

相続をしたくない場合は相続放棄の手続きをする必要があります。

相続放棄とは、相続そのものを行わないことを意味します。相続を放棄した人は、初めから相続人でなかったとみなされます。相続放棄には期限があり、原則として、相続の開始を知った時から3か月以内に亡くなった方(被相続人)の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てます。

相続放棄は、相続放棄の申述に必要なものは概ね以下のとおりですが、相続放棄をされようとする相続人の相続順位等によってはこの他にも書類の提出が必要になる場合があります。
◇相続放棄申述書
◇申述人(相続人)の戸籍謄本
◇被相続人の戸籍謄本等(除籍簿)
◇被相続人の住民票の除票
◇収入印紙
◇返信用の郵便切手
◇申述人(相続人)の認印

「相続放棄申述書」の提出は、原則として家庭裁判所に出向かずに郵送でも可能です。

相続放棄申述書を家庭裁判所に提出すると、やがて家庭裁判所から「相続放棄の申述についての照会書」が郵送されてくるので、照会書の質問事項に回答して家庭裁判所に返送します。問題なければ、「相続放棄申述受理通知書」が家庭裁判所から郵送されてきます。これにより相続放棄が認められます。「相続放棄申述受理通知書」のほかに「相続放棄申述受理証明書」が必要な場合は、裁判所に申請が必要です。

相続放棄の手続に必要な書類は、家庭裁判所によって異なる場合がありますので、問い合わせをして手続きを進めるなどして、期限内に手続きを終えるようにすることが大切です。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png