• TOP
  • 相続Q&A
  • 相続人中に行方不明者がいる場合の遺産分割協議は?

相続人中に行方不明者がいる場合の遺産分割協議は?

相続人の中に行方不明者がいる場合は、不在者の財産管理人を選任します。

「不在者」の定義についてですが、生死不明であるとは限りません。不在者とは、それまでの住所(または居所)を去って、容易に帰ってくる見込みのない者のことを言います。

不在者や行方不明者でも、相続権はあります。他の相続人が、不在者を除外して遺産分割協議を行うことはできません。しかし、不在者を探すのに時間をかけていては遺産相続が進まないので、他の相続人としては、家庭裁判所に不在者の財産管理人の選任を申し立て、その選任された不在者財産管理人と遺産分割協議を行うことになります。

 このように、相続人の中に行方不明者がいる場合であっても、遺産分割協議を行う方法はあります。

 なお、不在者財産管理人が遺産分割の合意をする場合には、家庭裁判所の許可が必要になります。これは、遺産分割という行為が、単に財産を管理ないし保存しているにとどまらず、財産を処分することに該当するためです。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png