• TOP
  • 相続Q&A
  • 商店街でパン屋を経営しています。商売に関する資産は、子供たちで分けずに全て長男に相続させたいのですが可能ですか?

商店街でパン屋を経営しています。商売に関する資産は、子供たちで分けずに全て長男に相続させたいのですが可能ですか?

パン屋の商売に関する資産の全てを長男に相続させる方法としては、パン屋の経営に関する資産を一つ一つ特定した上で、それらの財産につき長男に相続させるという内容の遺言書を作成しておく、という方法が考えられます。

しかし、被相続人に商売に関する資産以外の財産が十分にない場合は、この内容の遺言だと他の相続人の遺留分を侵害する恐れがあります。その場合は、例えば、他の相続人に遺留分の放棄をしてもらうという方法や、遺留分を侵害した分については長男が代価を支払うという方法が解決方法として考えられます。

「遺留分」とは、民法が一定の範囲の相続人に認めた、相続に関しての最低限度の取り分ということができ、これについては遺言によっても侵害することはできません。遺言が遺留分を侵害する内容のものである場合、遺留分権利者である相続人は、遺留分減殺請求権を行使することにより、遺留分を保全するために必要な限度で遺言の効力を否定することができます。
遺留分を侵害された他の相続人が、遺言書の内容に理解があって長男が商売に関する資産をすべて相続してパン屋さんを継ぐことに賛成であれば問題がない場合もありますが、あとで問題にならないためには「遺留分放棄」をしてもらうのが確実です。遺留分放棄は、相続が始まる前でも後でも可能ですが、相続が始まる前の遺留分放棄については家庭裁判所の許可が必要になります。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png