• TOP
  • 相続Q&A
  • 遺産分割調停とはどのようなものなのでしょうか?

遺産分割調停とはどのようなものなのでしょうか?

 遺産相続をする優先順位というのは民法によって決まっているのですが、被相続人が遺言で誰が何をどれくらい相続するのかということをきちんと決めていない場合には、まずは相続人同士で遺産分割協議がおこなわれます。

 しかし、その協議で決着がつかない場合には遺産分割調停を家庭裁判所で行う必要があるのです。
遺産分割協議というのは、当事者である相続人だけでおこなわれる話し合いですが、遺産分割調停というのは調停委員に間に入ってもらうことが出来ますので、客観的な立場から意見を述べてもらったり、提案をしてもらうことができるのです。

 この点、当事者だけではこじれてしまう話であっても、客観的なアドバイスを取り入れて話し合うことによって解決するといったケースは多々あります。また、話し合いを経て行うものなので、当事者の納得が期待できます。

 なお、調停の中で調停委員が行うアドバイスには強制力はありませんが、最終的に全員が納得し調停調書が作成されると、その調停調書に記載されている内容には強制力があり、その内容に従わない相続人がいる場合には強制執行をすることが可能です。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png