• TOP
  • 相続Q&A
  • 相続人が相続放棄をしたいという場合には相続の順位はどう移っていくのでしょうか?
相続人が相続放棄をしたいという場合には相続の順位はどう移っていくのでしょうか?
 
A.相続人には順位があり、第一から第二、そして第三順位へと移っていきます。

 亡くなった人(被相続人)の子供が第一順位ですので、子供がたくさんいた場合は、第一順位の相続人がたくさんいるということになります。

 しかし、その子供が全員相続放棄をすると、次は第二順位の相続人である、被相続人の父母等に移ります。さらに被相続人の父母等も相続放棄をすると、第三順位の相続人である、被相続人の兄弟姉妹に、というように移るのです。
このように、その順位の相続人が全員相続放棄すると、次の順位の相続人に相続権が移るのです。

 ここで注意すべきなのは、最初から全ての相続人が相続を放棄したいというように考えていたとしても第一から第三までの順位の相続人が一度に相続放棄の手続きをするようなことはできません。

 第一順位の人が相続放棄をして第二順位に移り、そして第二順位の人が相続放棄をして第三順位に移っていきますが、自分に順位が移ってきた後で、相続放棄の手続きをする必要があるのです。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png