• TOP
  • 相続Q&A
  • 内縁の妻に相続権はあるのでしょうか?

内縁の妻に相続権はあるのでしょうか?


A. 内縁の妻に相続権はありません。

 亡くなった人(被相続人)の配偶者(夫・妻)は、相続人になりますが、ここでいう「配偶者」というのは、婚姻届を提出している法律上の配偶者に限ります。つまり、いくら事実上夫婦といえるような関係にある人でも、ここでいう配偶者には当たりません。したがって、内縁の妻には相続権がないのです。

 この点、自分の財産を、自分が死亡する際に内縁の妻に受け取らせる方法としては、遺言や契約によって財産を贈ることが考えられますが、これらは相続ではなく、遺贈や死因贈与
という方法です。
 
 また、内縁の妻が、被相続人と長い間生活を共にしていたり、被相続人の世話に努めていた場合には、「特別縁故者」として財産を受け取れることもあります。しかし、この制度では、相続人がいない場合にしか、内縁の妻は財産をもらうことができません。
 
 このように、内縁の妻や夫は、相続という方法で財産を受け取ることはできないのです。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png