• TOP
  • 相続Q&A
  • 養子にも相続をする権利があるのでしょうか?

養子にも相続をする権利があるのでしょうか?


A. 養子には、養親を相続する権利があります。しかし、実親を相続する権利があるかどうかは、普通養子と特別養子で異なります。

 まず、養親の相続については、養子は養子縁組をした日から実子と同じ親族関係を生じます。したがって、養子も実子も同じように、養親を相続する権利があるのです。

 そして、養子は法定相続分についても実子と同じように扱われます。そのため、被相続人に実子と養子の両者がいた場合には、どちらも被相続人の子として、相続の際には対等な取り分を持つのです。

 次に、実親の相続について注意しておくべきことは、養子には二種類あり、普通養子と特別養子があるということです。

 より一般的な普通養子の場合は、養親の子になるだけではなく、実際の親の子供としての親子関係も存続するというものです。この場合、養親が亡くなった場合だけではなく、実親が亡くなった際にも相続権があるので、両方の親を相続できるということになるのです。

 一方、特別養子の場合は、養子縁組が成立した時点で、実親との親子関係を消滅させてしまいます。つまり、養子になった子と実親は親子ではないという扱いになりますので、実親が亡くなった場合には相続権はありません。

 以上のとおり、普通養子も特別養子も養親の相続人としては第一順位の相続権を持っていますが、実親を相続できるのは普通養子だけということになります。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png