• TOP
  • 相続Q&A
  • 相続の第一順位から第三順位について教えてください。

相続の第一順位から第三順位について教えてください。


A. 第一順位は被相続人(亡くなった人)の子、第二順位は被相続人の直系尊属、第三順位は被相続人の兄弟姉妹です。

 相続人の範囲(誰が相続人になれるのか)と相続順位(何番目に相続の権利が与えられるのか)については、次のように決まっています。

 まず、第一順位は、被相続人(亡くなった人)の子です。ここには、実子も養子も含まれます。子供が被相続人よりも先に亡くなっている場合にはその子供(被相続人からみると孫)、孫までが先に亡くなっている場合にはその子供(被相続人からみるとひ孫)に、権利が与えられます(これを代襲相続と言います)。

 次に、第二順位は、被相続人の直系尊属です。直系尊属とは、父母、祖父母、曾祖父母などのことです。ここで注意すべきなのは、直系尊属は、被相続人に最も親等の近い人だけが相続資格を持つということです。例えば、被相続人Aさんの父Bさんと母Cさんが相続人になる場合、被相続人の祖父Dさんは相続人になりません。

 最後に、第三順位は、被相続人の兄弟姉妹です。兄弟や姉妹が亡くなっているという場合には、その子供(被相続人からみると甥や姪)が権利を与えられます(これも代襲相続です)。

 このように、相続では、まずは第一順位の人に権利が与えられ、次に第一順位の人がいない場合には第二順位、さらに第二順位の人もいない場合には第三順位、というように権利が与えられるのです。つまり、相続人であれば誰でも遺産相続ができるというわけではなく、優先順位が決められているのです。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png