• TOP
  • 相続Q&A
  • 遺産にはどのようなものが含まれるのですか?

Q.父が亡くなって相続が発生しましたが、財産管理は父が一人で行っていたので、どのような財産があるのか把握しきれません。財産調査をするにあたって、相続財産にはどのようなものがあるか教えてください。

 

A.相続する財産には、プラスの財産とマイナスの財産があります。また、そもそも相続財産に含まれないものもあります。

 

 

■プラスの財産とは次のようなものです。

 

・現金、預貯金、有価証券

・貸付金、売掛金

・土地、建物

・借地権、借家権、抵当権

・貴金属、宝石、自動車、家具

・書画、骨董品、美術品

・特許権、著作権、ゴルフ会員権

・亡くなった人が自分自身を被保険者および受取人とする生命保険金

 

 

■マイナスの財産としては次のようなものがあります。

 

・未払いの債務(借金、買掛金等)

・未払いの所得税・住民税・固定資産税

 

相続財産に含まれないものとしては次のようなものがあります。

・受取人が被相続人以外の人に指定されている生命保険金

・就業規則等で受給者が定められている死亡退職金

 

 

相続財産としては、このほかにもさまざまなものがあります。

 

相続に関してご不安なことがある場合は、経験豊富な弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png