• TOP
  • 相続Q&A
  • 相続人の廃除とはどのようなものですか。

相続人の廃除とはどのようなものですか。

 

 

 

A 

1 相続人の廃除とは


 相続人の廃除とは、相続欠格事由ほど重大な非行ではありませんが、被相続人からみて自己の財産を相続させるのが妥当ではないと思われるような非行や被相続人に対する虐待・侮辱がある場合に、被相続人の意思に基づいてその相続人の相続資格を剥奪する制度です。

 

 

2 廃除の方法

  被相続人廃除には、被相続人の申立てによる生前廃除(民892条)と、被相続人の死後、その遺言に基づいて遺言執行者が申し立てる遺言廃除(民893条)がありますが、いずれも被相続人の意思に基づきます。

 

 

3 廃除の対象者

  推定相続人であっても遺留分を有しない者は、相続人廃除の対象となりません。

  その理由としては、それらの者に遺産を与えない旨の遺言の作成によって、同様の目的を達成することができるからです。

 

 

4 廃除の効果

 

  廃除審判確定の効果は、廃除請求した被相続人と関係における被廃除者の相続権の剥奪です。ただし、当該相続人の子、孫等が、当該相続人を代襲して相続人となります。

 

  上記廃除の効果を取り消す為には、被相続人若しくは遺言執行者が家庭裁判所に廃除取消しを請求しなければなりません(民894条)。取消申立てが被相続人の真意に出たものと認められれば、被廃除者の改悛その他の事情を問うことなく、廃除は取り消されます。

 

 

5 廃除原因

 

  民法892条は、廃除原因として、「虐待」と「重大な侮辱」及びその他の「著しい非行」としており、判例は以下のようなものが含まれると判示しています。

 

(1) 「虐待」若しくは「重大な侮辱」

 

・末期がんで自宅療養中の妻に対し、療養に極めて不適切な環境を作出した上、その人格を否定するような暴言をした夫について「虐待」による廃除を認めた(釧路家裁北見支審平成17.1.26)。

 

・被相続人にぬるい湯が入ったやかんを投げつけ、「早く死ね」と罵倒し、被相続人に対する扶養義務も尽くさなかった事案で、「暴言等は一過性の侮辱であり、廃除事由に当たらない」とした原審を取消し、「重大な侮辱」があったとして廃除を認めた(東京高裁平成4.10.14)。


(2)
 著しい非行

 

・養子が長らく入退院と手術を繰り返している被相続人の面倒を見ず、居住先の外国から年1回程度帰国して生活費を受領し、被相続人から提起された離縁訴訟等について執拗に取り下げを迫った事案において、「著しい非行」を認定して廃除を認めた(東京高裁平成23.5.9)。

 

 

 より詳しいことにつきましては、相続実務に精通した弁護士にご相談ください。



アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png