遺言に関するQ&A1

次のページへ≫


Q.遺言にも種類があるのですか?

Q.遺言書で特定の相続人を除外できる?

Q.遺言は遺言者の手書き(自筆)でないと駄目ですか?

Q.遺言では遺産の処分以外に何ができますか?

Q.遺言が複数出てきた。どれが有効となる?

Q.遺言は、撤回することができますか?

Q.遺言を見つけても、すぐに開けては駄目ですか?

Q.相続で遺言を作成するメリットは何ですか?

Q.相続では遺言を必ず書かないといけないのですか?

Q.遺産の分け方は遺言の有無により違いますか?

Q.遺言ができる人とできない人がいるのですか?

Q.遺言のみなし撤回とは何ですか?

Q.遺言の特別方式とは何ですか?

Q.遺言書の検認とは何ですか?

Q.遺言が無効になる場合等について教えてください。

Q.公正証書遺言の立会人は誰に頼めばよいですか?

Q.遺言の執行後、もう一通の別の遺言書が出てきた場合、どうなりますか?

Q.口約束で「遺産をあげる」と言われただけでは、その遺産をもらえませんか?

Q.同じ日付作成で内容の違う遺言書が出てきたらどうなりますか?

Q.あまりに不公平な遺言内容だが不服申立てできますか?

次ページへ≫

 

アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

弁護士紹介 ●事務所紹介 ●サービスと費用 ●各士業の役割の違い

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。