遺言に関するQ&A2

≪前のページへ                                         次のページへ≫

 

Q.ビデオで録画した遺言でも有効でしょうか?

Q.手書きで作成した遺言らしきもののコピーが見つかりましたが、遺言としての効力は認められますか?

Q.公正証書遺言とはどのようなものですか?

Q.公正証書遺言を作成するときに必要な証人を誰にするか決めるときはどのような点に注意したらよいですか?

Q.自筆証書遺言を作成するときに使う印章(印鑑)は実印でなくても構わないのですか?

Q.私は以前遺言書を作ったのですが、その遺言書の中で長男に相続させることにしていた土地を、妻に相続させることはできますか?

Q.遺言書を作ろうとしましたが、印鑑が見つからなかったので、署名しかしませんでした。署名のみで押印のない場合、遺言として有効ですか?

Q.自筆証書遺言の方式で遺言書を作成しましたが、遺言書の中で訂正したい部分があります。この場合、遺言書を作り直さなければなりませんか?

Q.遺言書の日付が「平成19年9月吉日」という遺言は無効ですか?

Q.遺言が検認された場合、後から遺言の効力を争うことは出来ますか?

Q.遺言書には相続に関する事柄しか書いてはいけませんか?

Q.私の財産と妻の財産についてまとめて一通の遺言書を作成し、私と妻の二人が署名押印しましたが、このような遺言は有効ですか?

Q.遺言者より先に受遺者が亡くなってしまったら遺贈はどうなりますか?

Q.被相続人の死亡後、遺言の内容に不満のある法定相続人は何か主張をすることが出来ますか?

Q.自筆証書遺言の作成を家族が手伝っても良いですか?

Q.遺言の内容を確実に実現するためにはどうすればいい?

Q.遺言書は作成したあとどのように保管すれよいですか?

Q.遺言執行者に複数の人を指定しても良いのですか?

Q.法定相続人を完全に無視した遺言は有効か?

Q.遺言の自由とは何ですか?

 

≪前のページへ                                        次のページへ≫

アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

弁護士紹介 ●事務所紹介 ●サービスと費用 ●各士業の役割の違い

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。