遺言に関するQ&A3

≪前のページ へ

 

Q.遺言の自由にも例外はありますか?

Q.共同遺言の禁止とは何ですか?

Q.不倫関係にある者に財産を与えることを内容とする遺言の効力を否定することは出来ますか?

Q.自筆証書遺言と公正証書遺言は何が違うのですか?

Q.自筆証書遺言と公正証書遺言、法的に強いのはどちらですか?

Q.遺言に家族へのメッセージをいれてはダメですか?

Q.高齢の父が遺言書を作成した後に、認知症になってしまいました。認知症になる前に作成された遺言書は無効となってしまうのですか?

Q.遺言書の中で息子に相続させることにしていた土地について、遺言書を作成した後、とても良い条件での購入を希望する人が現れ、その人にその土地を売りたいと考えています。このような場合、遺言書を書き直す必要がありますか。

Q.遺言書に有効期限はありますか?

Q.自筆証書遺言を作成しようと思っていますが、遺言書に使う用紙の種類や大きさに決まりはありますか?また、遺言書は数枚にわたっても問題ありませんか?

Q.私の父が先日なくなりました。父は、全財産をある団体に寄付するという内容の遺言書を作成していました。この場合、相続はどうなりますか?

Q.先日、夫が亡くなりまして、夫の書斎を整理していたところ、夫が書いた遺言書が見つかりました。その遺言書には、初めて聞く名前の女性に預金等の財産を渡すという内容が含まれていました。調べたところ、夫は、その女性と10年以上にもわたり浮気していたようでした。このように不倫の関係にある女性に対して財産を渡すことを内容とする遺言も有効なのですか?

Q.遺言を作成しておくメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

Q.遺言書は何回も書き直しをしても良いのでしょうか?

Q.父の遺言の内容が法定相続分に反していたので納得できません。このような遺言でも有効なのでしょうか?

Q.遺言執行者とはどんな役割をする人ですか?

Q.遺言の内容を秘密にしておきたい場合はどうすればいいですか?

Q.遺言でどんなことができますか?

 

≪前のページへ

 

アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

弁護士紹介 ●事務所紹介 ●サービスと費用 ●各士業の役割の違い

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。