別枠の相続?「寄与分」とは何ですか?

A. 寄与分とは、共同相続人中に、被相続人の財産の維持又は増加につき特別の寄与をした者があるときに、その寄与に相当する額を法定相続分に上乗せすることを認めて、共同相続人間の実質的衡平を図ろうとする制度です。

特別の寄与とは、被相続人の事業に関する労務の提供または財産の給付、被相続人の療養看護、その他の方法により被相続人の財産の維持または増加について特別の貢献をすることです。

寄与分制度は、昭和55年に導入されたもので、昭和56年1月1日以後に相続が開始した遺産分割に適用されています。

寄与分を主張できるのは、相続人に限られており、内縁の妻や事実上の養子などは、どんなに貢献していたとしても、寄与分を主張することはできません。

また、相続放棄した者、相続欠格者及び廃除された者も寄与分を主張する資格はありません。

また、寄与分は、あくまで特別の貢献をしたと認められる場合に限り認められるものです。
例えば、親族間には一般に扶養の義務がありますので、通常の扶養の範囲内の事柄は寄与分とはなりません。

寄与者の相続額の計算方法は、『みなし相続財産(相続開始時の財産価格-寄与分の価格)×相続分+寄与分の価格』となります。

寄与分についてさらに詳しく知りたい方はこちら

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。