父が亡くなったら、養子にも私達兄弟と同様に相続権はある?


養子は、縁組の日から、養親の嫡出子の身分を取得する(民法第809条)。

この点、嫡出子というのは、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子どものことです。

この条文からわかるように、養子であっても、実子である兄弟と同じように、父親の財産について相続権があり、その法定相続分も実子と同じということになります。

養子縁組とは、本来あるべき自然の親子関係をなくし、親子関係にない者との間に、新たな法律上の親子関係を作り出すという制度です。

もっとも、この場合の相続権のある養子とは、法律上の手続き(届出の受理)を行った者に限られています。

そのため、女性が子供を連れて再婚したとしても、その連れ子と養父の関係においては血のつながりがないため、そのままでは相続人にはならないことになります。

そこで、子連れで再婚をする場合には、養父と連れ子との間に養子縁組を行うなどして相続権を与え、未然にトラブルを回避するような工夫も必要でしょう。

なお、養子には〝普通養子〟と〝特別養子〟の2種類があります。

普通養子縁組を交わし、養親の嫡出子としての身分を取得した子は、実親との親子関係も断ち切ったわけではありません。
そのため、養親が亡くなった場合に相続権があるだけでなく、実親が亡くなった場合にも相続権が発生することになります。

それに対し、特別養子は、実親との親子関係を消滅させる制度であるため、特別養子と実親との間に相続はなく、養親が亡くなった場合に相続権があるだけです。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。