相続の開始前でも、相続の放棄をすることができますか?


推定相続人は、相続開始(被相続人の死亡)前に相続の放棄をすることはできません。

 

相続開始後、相続人は相続の承認、限定承認、相続の放棄のいずれかを選択することになります。
その選択は、相続の開始があったことを知った時から3箇月以内にすることになっています(民法915条1項本文)。

 

この期間を、熟慮期間といいます。
なお、この熟慮期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することが可能です(民法915条1項但書)。

 

では、何故、相続開始より前に相続の放棄をすることは認められていないのでしょうか。理由は2つあります。

 

1つは、相続開始前の場合、実際の相続財産がどの程度のものか分からないため、相続人が適切な判断ができないからです。

 

もう1つの理由は、他の推定相続人に放棄を迫られて、放棄させられる等、自由な意思による放棄が妨げられるおそれがあるからです。

 

相続は決してプラスとなるものばかりでなく、相続人は、借金などの大きなマイナスを背負い込む可能性もあります。
しかし、プラスとマイナス、総体的にみて相続をどう選択するのかを決めるべきで、内容を確認する前から放棄と決めてしまうべきではない、ということです。

 

相続が開始し、相続財産の内容を把握してから、熟考する、ということです。

 

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。