遺言が複数出てきた場合、どれが有効となるのですか?


遺言が複数出てきた場合で、前の遺言と、後に書いた遺言とが抵触するときは、前に書いた遺言の、後の遺言に抵触する部分については、撤回されたことになります(民法1023条1項)。

 

つまり、複数の遺言が出てきた場合には、作成された日付の新しい遺言が優先されることになります。

 

前に書いた遺言は、後の遺言に抵触しない範囲で、有効となります。

 

遺言者は、何回でも遺言を作成することができるため、遺言者の死後に複数の遺言書が見つかり、どの遺言書が優先するか問題となることは、珍しいことではありません。

 

個人で遺言を作成・保管する場合には、自分で書いた前の遺言があるのを忘れてしまったり、後に別の遺言を書いて、両方を保管していたりするために、遺言者の死後に、複数の遺言が見つかり、問題が生じることがあるのです。

 

遺言者の死後に、複数の遺言が見つかり、問題が生じた場合は、弁護士に相談してみることをお勧めいたします。

 

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。