相続の話し合いが、まとまらない場合はどうなりますか?


遺産分割は基本的に、法定相続人全員が参加し、話し合いによって決める「遺産分割協議」で行うこととなっています。

 

どうしても話し合いがまとまらず、相続人達の手に負えなくなったときは、家庭裁判所における遺産分割調停・遺産分割審判により遺産分割をすることになります。

 

まず、「遺産分割調停」という手続きがとられます。

 

  遺産分割調停では、調停委員が間に入り、第三者として客観的な意見と、妥当な遺産分割案を提案し、調停によって、話し合いがまとまれば、「調停調書」を作成し調停成立となります。

 

  調停調書は確定判決と同じ効力を持ち、これに基づいて遺産の分割が行われます。

 

次に、調停でもまとまらない場合には、家庭裁判所の「遺産分割の審判」という手続きがとられます。

 

審判では、裁判官が各相続人の主張を受け、職権で証拠調べを行い、相続財産の種類や性質、各相続人の生活事情などを考慮した上で、相続分に応じた妥当な分割方法を定め、審判を下すことになります。

 

  審判には法的強制力がありますから、その内容に従って、遺産の分割を行います。

 

審判の内容に不服がある場合、審判の告知を受けた日の翌日から起算して2週間以内に、高等裁判所に対して、即時抗告の申立てを行います。

 

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。