認定死亡とは何ですか? また、失踪宣告とは何ですか?

A 相続開始の原因は、被相続人の死亡です(民法882条)。

自然的死亡(医学的に死亡が確認された状態)によって相続が開始されるというのが一般的です。

しかし、水難、火災その他の事変によって、死亡したのは確実であるが、遺体が見つからないという場合があります。
 
このような場合に、その取調べにあたった役所(海上保安庁、警察署長など)が死亡の認定をして、戸籍上一応死亡として扱います。
本籍地の市区町村では、 死亡報告に基づいて戸籍に死亡の旨を記載します(戸籍法89条)。
これを「認定死亡」 といいます。

認定死亡によって、法的に死亡したものと認められ、相続が開始し、また配偶者は再婚することができます。

それ以外にも、「失踪宣告」という制度があります(民法30条)。

これは、死亡しているかどうかわからない不在者を、法律関係の確定のため、一定の要件のもとに死亡したものとみなす制度です(民法31条)。

失踪宣告によって死亡したものと同じように扱われ、そこから相続が開始され、配偶者は再婚することができます。

失踪には、普通失踪と危難失踪とがあり、「普通失踪」は、不在者の生死が7年間明らかでない場合に、家庭裁判所が利害関係者の請求によって失踪の宣告をするものです(民法30条1項)。

もうひとつの「危難失踪」は、戦地に臨んだり、沈没した船舶中にいた者、その他死亡の原因となる危難に遭遇した者の生死が、危難の去った後1年間不明の場合に、家庭裁判所が利害関係者の請求によって失踪宣告をするものです(民法30条2項)。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。