住宅ローンの残債がある場合、相続放棄した方が良いですか?

ローン残債があるからといって、一概に相続放棄をした方が良いとはいえません。まずは、契約の内容を良く確認してから検討する必要があります。

その理由について、群馬県高崎市の弁護士が解説します。

目次

1.団体信用生命保険に加入している場合
2.連帯保証人になっている場合
3.残された家族にとっての価値を考える

1.団体信用生命保険に加入している場合

親もしくは配偶者などのご家族が亡くなり、ローンの終わっていない不動産があったとして、売却してもローンが残りそうな場合、どうすれば良いでしょうか。

まずはローンの内容や組まれた状況、返済方法や返済不能となった場合の対処についてなどがどのように取り決められているかを調べてみると良いでしょう。

実は、住宅ローンを組む際に団体信用生命保険に加入していれば、本人が亡くなった場合その保険金でローン残額が支払われる場合があります。そうなればローン残債は無くなり、相続人に支払いの義務は発生しませんし、住宅に住み続ける事が可能です。

 

2.連帯保証人になっている場合

連帯保証人

 

団体信用生命保険に加入していない場合には、ローンに保証人がいるかが重要です。

住宅ローンでは家族の誰かが連帯保証をしているケースが多く、相続人が連帯保証人になっているのであれば、相続放棄をしてもローン残額を支払わなければなりません。

相続してその財産を処分換金して残債を支払うか、(可能であれば)相続放棄をして負債を背負うことを回避するかは、ローンの残額と不動産の評価額と実勢価格を調べたうえで判断すべきでしょう。
 

2.残された家族にとっての価値を考える

不動産がからむ相続
以上で述べた様に、まずは住宅ローンを組んだ際に、団体信用生命保険に加入しているかを確認しましょう。加入している場合、相続人に支払いの義務は発生せず、今住んでいる住宅に住み続けられます。
団体信用生命保険に加入していない場合、相続人が連帯保証人になっていないかを確認することが重要です。
  
住宅ローンが残った状態で相続が発生した場合、その家や建物が、家族にとってどのような意味のあるものかも重要なのではないかと思います。
家族や親族の思い入れなどをも考慮した上で、どうするべきかを検討していただきたいと思います。
 
0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。