借地権は相続財産に含まれますか?

借地権も相続財産として認められます。群馬県高崎市の弁護士が、借地権とは何か、また、借地権を相続する場合の注意事項等についてご説明します。

 

目次

1.借地権とは
2.借地権を相続する場合の注意点
3.相続トラブルは専門家に相談を

 

目次

1.借地権とは

借地権とは、建物の所有を目的とする地上権または賃借権の賃借権をいいます(借地借家法2条1号)が、実際には殆どは賃借権です。

借地権は、土地を利用できる権利ですから、場所によっては高額で売買されることもあり、それ自体が財産的な価値を有しています。

このような借地権(借地契約)は、借地契約をした借地人が死亡しても、そのまま契約は続行されます。借地権は、相続財産として相続人により相続され遺産分割協議の対象となります。

使用借権との違い

借地権とは異なり、賃料等の対価を支払う義務のない使用借権(使用貸借契約に基づく借主の権利)は、借主が死亡することにより使用貸借契約が終了します(民法599条)ので、注意してください。

 

2.借地権を相続する場合の注意点

相続は財産上の権利義務を相続人がそのまま受け継ぐことですから、借地権を相続することについて、地主の承諾は必要ありません。

したがって、相続人は、相続を原因として地主から建物を取り壊して立ち退けと要求されても、拒否することができます。
地主は原則として、借地人の法定相続人がその借地権を相続するのを拒否できないのです。

 

3.相続トラブルは専門家に相談を

不動産の絡む相続トラブル

 

以上で述べた様に、借地権も相続財産として認められ、遺産分割協議等の対象となります。相続する場合、地主の承諾を得る必要はありませんが、その評価については土地の評価額と借地権の割合によって変動します。

借地権をめぐる相続トラブルが起きてしまった場合には、早期に専門家に相談されることをおすすめします。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。