認知を受けていない愛人の子に相続権はありますか?

A  いわゆる愛人の子は、そのままでは、生物学的意味における父との間に法律上の親子関係がないので続権はありません。
しかし、生物学的意味における父が認知すれば、その者と愛人の子の間に法律上の親子関係が認められますので、相続権が発生します。
認知とは、嫡出でない子(非嫡出子)について、親子関係の存在を認める旨を表示をすることをいいます(民法779条)。
認知は、父または子の本籍地もしくは父の所在地のいずれかの市区町村役場に認知届を提出して、おこなうことになります。
もっとも、認知をした場合でも、愛人の子の法定相続分は、法律上の夫婦の間に産まれた子の半分となってしまいます(民法900条)。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。