遺言執行後、別の遺言書が出てきた場合、どうなりますか?

A. 遺言は何回書いても構いませんし、数通あってもそれぞれが有効な遺言となります。

  ただし、その内容が抵触する場合には、後の遺言により前の遺言が撤回されたことになります(民法1023条)。

  遺言者の意思が尊重されるため、遺言者の気が変わり、遺言を変えることも、遺言者の自由です。

  この場合、遺言が取り消されたことになるのは、抵触する部分についてであり、一部の抵触で前の遺言全体が撤回されたことになるわけではありません。

  遺言の前後は、記載された日付の前後から推認されることになりましょうが、その日付けが正しいとは限らず、またその前後により遺産の取り分が大きく変わることもあるため、問題が生じることがあり得ます。

  また、遺言の1通が自筆証書遺言、1通が公正証書遺言である場合もあります。

  この場合も、効力は作成日の前後により、公正証書だから特に有力で、後から自筆証書遺言を作っても撤回できないということはありません。

  後からつくる遺言がきちんと法的な要件を備えていれば、どんな方式でも、前の遺言を撤回することができるのです。

  ですから、遺言の執行後、もう一通の別の遺言書が出てきた場合には、前の遺言は後の遺言と抵触する範囲で撤回されたことになります。


0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。