分割できない相続財産はどうしたら良い?

 A. 弁護士がお答えします。

 

よくある相続のケースとして、遺産が自宅の土地・建物だけで、現金もほとんどないという場合があります。

このような場合には、実際に分けようもないし、ほったらかしにしておきたいと考えたくなるような事もあるでしょう。

では、分割できない相続財産を複数人で分けるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

相続財産を分けるには、次の4つの方法があります。

● パターン1:相続人がそれぞれ別の財産を受け取る方法

現物分割

現物分割とは、財産を換金したりせず、そのままの状態で取得する方法です。

例えば、長女が建物と土地を相続し、次女が預貯金を相続するなどのケースです。

 

代償分割

代償分割とは、分割できない財産を相続した人が、それ以外の相続人にお金(代償金)を支払う方法です。

例えば、相続財産が1000万円の建物と土地しかない場合に、建物と土地は長女が相続し、長女が次女に500万円を支払う、というケースです。

 

● パターン2:相続人全員が等しい財産を相続する方法

換価分割

換価分割とは、分割できない財産を競売などによって売却し、その代金を分割する方法です。

 

共有分割

共有分割とは、相続財産の全部または一部を、複数の相続人が共有で取得する方法です。

1つの土地を姉妹が共有で相続した場合、長女と次女でそれぞれ2分の1ずつの権利を持つことができます。

 

どの方法が最適かは相続人全員で話し合う必要がある

 どの方法にもメリット・デメリットが存在しますので、内容を理解したうえで、相続人全員で方向性を決めることが必要です。

 

 冒頭で述べた相続財産が建物と土地しかないケースは、相続人の誰かが住んでいるのであれば、その相続人が所有する形で、他の相続人に対して現金などを支払って解決となります。しかし、すぐに売れるような家でもない場合には、結局誰も欲しくないことも多く、そのまま放置されるケースもあります。

 

 とは言え、相続税のこともありますから、共有としてそのままにするのか、共有かどうかの問題は別にして誰かに貸すのか、或いは処分するのかなど、方向性を考えなければなりません。

 

 どうしても相続人間での、話がまとまらないようであれば、舞台は家庭裁判所に移ります。

 分割協議調停がまず行なわれ、それで決着しなければ、審判へと進みます。

 ますます手続きが複雑に、また煩雑になってしまう前に、弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

遺産分割についての関連ページ

遺産分割でお困りの方へ

【Q&A】協議による遺産分割はどのように行うのですか?

【Q&A】遺産分割調停とはどのようなものなのでしょうか?

【Q&A】相続人の1人がどうしても遺産分割協議に参加しない場合はどうすればよい?

【Q&A】遺産分割における「全部分割」と「一部分割」とは何ですか?

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。