あまりに不公平な遺言内容だが不服申立てできますか?

A. 遺言は、遺言者の意思を尊重するものですから、内容が(相続人にとって)公平である必要はありません。

  そのため、相続人の1人が遺言の内容が不公平だと感じても、その内容について不服申立をすることはできません。

  もっとも、遺言により自己の遺留分(被相続人が有していた相続財産について、一定の法定相続人にその一定割合の承継が保障された相続分)を侵害された遺留分権利者及びその承継人は、自己の遺留分を保全するのに必要な限度で、贈与や遺贈などの減殺を請求することができます(民法1031条)。

  遺留分制度の趣旨は、私有財産制度のもとにおける被相続人の財産処分の自由の要請と、一定の法定相続人(遺留分権利者)の生活安定及び家族財産の公平な分配という相反する要請の調整を図ることにあります。

  ですから、被相続人の財産処分の自由が遺留分制度により制限されるといっても、当然に遺留分を侵害する処分行為が無効とされるのではなく、これにより処分された財産が、相続開始後の行使可能期間中に、遺留分権利者の権利行使があった場合に取り戻されるにすぎません。

  そのため、一定の相続人の遺留分を侵害する内容の遺言であっても当然には無効となるものではなく、その遺留分権利者が権利行使した場合に、遺留分の範囲で取り戻されるに過ぎないのです。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。