私の財産と妻の財産についてまとめて一通の遺言書を作成し、私と妻の二人が署名押印しましたが、このような遺言は有効ですか?

私には、妻がいますが、私の財産と妻の財産についてまとめて一通の遺言書を作成し、私と妻の二人が署名押印しましたが、このような遺言は有効ですか?


A. 遺言については、二人以上の者が同一の証書ですることは出来ないとされていますので(民法975条)、質問にあるように共同でなされた遺言は、残念ながら、法的には無効ということになります。

 遺言というのは、遺言者の最終意思を尊重しようというものですから、遺言の内容について自由に決定できること(遺言の自由)及び、後で気が変わった場合には自由に撤回することが出来ること(撤回の自由)が重要です。
 しかし、共同遺言を認めると、このような遺言の自由や撤回の自由が制約されるおそれがあります。
また、共同遺言を認めると、一方の遺言に変更や無効事由があった場合に、もう一方の遺言をどう扱うかということで複雑な問題が生じることが予想されます。

以上のような理由から、法は、共同で遺言をすることを認めていないのです。

従いまして、夫婦共同で遺言するのではなく、夫と妻でそれぞれ別々の遺言書を民法の定める方式に従って作成されるべきです。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。