遺言者より先に受遺者が亡くなってしまったら遺贈はどうなりますか?

A. 遺贈とは、遺言によって他人に財産を与えることであり、遺贈によって財産を与えられる者を受遺者といいます。

遺言者の死亡前に受遺者が死亡したときは、遺贈は効力を生じないとされていますので(民法994条1項)、質問の場合のように、遺言者より先に受遺者が亡くなった場合には、その遺贈は効力を生じないことになります。

 そして、遺贈されるはずであった財産は、遺言の中の遺贈の部分がなかったことになり、その遺言者の法定相続人が各自の相続分に応じて相続することになるのです。

ただし、遺言者がこれと異なる遺言をしていた場合には、そちらが優先されることになりますので、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡する場合も考慮して、受遺者死亡の場合は別の者を受遺者とする旨を遺言書に記載しておくこともできます。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。