相続人の1人がどうしても遺産分割協議に参加しない場合はどうすればよいですか?

A.遺産分割協議によって、相続財産は相続人にわけられることになりますが、遺産分割協議は相続人全員で行う必要があります。

遺産分割の当事者となるべき者を一人でも除外して行われた遺産分割協議は無効という扱いを受けることになりますので、ある相続人が遺産分割協議に参加して来ない場合、その相続人を除外して遺産分割協議を進めることはできません。

従いまして、遺産分割協議に参加してこない相続人がいる場合、まずは、その相続人に対して、遺産分割協議に参加するように働きかけることが必要になります。

そして、このような働きかけにもかかわらず、その相続人が遺産分割協議に参加して来ない場合は、共同相続人の間で遺産分割について協議をすることが出来ないとして遺産分割を家庭裁判所に請求することができます。

遺産分割の請求は、家庭裁判所に対し、遺産分割調停又は遺産分割審判の申立を行うことになり、これらの手続の中で遺産分割が行われるということになります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。