相続人がいない場合に、特別縁故者に相続財産の分与が認められることがあると聞いたのですが、どのような制度ですか?

Q.相続人がいない場合に、特別縁故者に相続財産の分与が認められることがあると聞いたのですが、どのような制度ですか?

A.相続人がいない場合、その相続財産は国庫に帰属するのが原則です。
 しかし、このように相続人がいない場合について、民法は、相続人と特別の縁故があった者から申立があり、家庭裁判所が相当と認めるときは、これらの者に対して相続財産の全部または一部を与えることを認めており、これが、特別縁故者に対する相続財産の分与制度といわれるものです。

 特別縁故者とは、被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者その他相続人と特別の縁故があった者をいうとされていますが、特別縁故者に当たるかどうかについては家庭裁判所の裁量に委ねられています。

 特別縁故者に対する財産分与は、相続人が一人もいないときに限って認められるものですし、申立がない限り認められません。また、相続財産の分与が受けられるかどうかは家庭裁判所の裁量によって決定されるもので、特別縁故者にあたるからといって当然に財産分与を受けることが認められるわけではない点に注意が必要です。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。