相続放棄が出来ない場合もあるのですか?

A. 相続をしないという選択は、基本的にはすべての相続人が持っている権利です。

相続財産にはプラスの財産だけでなく、借金等のマイナスの財産もあります。
プラスの財産なら誰だって喜んで相続するでしょうが、借金等のマイナス財産の相続を喜んで受ける人はそういないでしょう。

プラスとマイナスをあわせてみて、少しくらいのマイナスであれば、先祖代々の土地・建物を守るためならと引き受ける人はいるでしょうが、大きなマイナスであれば、その先どれだけ苦労するかを考えて尻ごみしてしまう人が大半だと思います。

そのため法律は、相続を放棄することを認め、相続人に相続しない自由を認めています。

しかし、以下の①~③の場合には、民法は、相続人が相続財産を引き継ぐことを承認したとみなすことにしており(民法921条)、相続の放棄は認められないことになります。

①相続人が、相続財産の全部又は一部を処分したとき(もっとも、判例は、相続人が、相続が開始したことを知らずに、相続財産を処分した場合については、相続財産を処分したことをもって相続財産を引き継ぐことを承認したとみなすことは許されないとしています)

②相続人が、相続開始を知った時から3ヶ月以内の熟慮期間に、相続の放棄または限定承認をしなかったとき(限定承認とは、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務等を弁済することを条件に相続財産を引き継ぐことを承認することです)

③(相続の放棄または限定承認をした後であっても)相続財産を隠匿したり、密かに処分したり、相続財産に含まれていることを知りながらその財産を相続財産の目録に記載しない等の背信的行為があったとき

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。