いったんしてしまった相続放棄の意思表示を撤回することはできますか?

A..相続放棄は、遺産を相続することで自分にとって大きなマイナスになると判断した場合であって、一定の要件をみたしているのであれば、遺産を相続しないということを選択できるというものです。

相続をするか放棄するかの決定には、3か月間の熟慮期間というものが設定されていて、その間に実際の遺産がどの程度あるのかを調査して、意思を決定するのですが、その決断が難しい場合が多いのです。
放棄をした際には、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が多かったものの、放棄をした直後に別の財産が見つかって、結果的には財産はプラスの方が多かったというような例はちょくちょく見られます。
しかし、一度、相続放棄がされれば、3か月間の熟慮期間内であっても相続放棄の撤回は認められていません(民法919条1項)。

もっとも、例えば、相続放棄の意思表示が、詐欺や強迫によってされた場合には、そのことを理由に相続放棄の意思表示を取り消すといったように、一度された相続放棄の意思表示の効力を否定することが可能な場合もあります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。