共同遺言の禁止とは何ですか?

A. 共同遺言とは、2人以上の者が、同一の証書(この場合遺言書をさします)で遺言を行うことです。民法975条は、「遺言は、二人以上の者が同一の証書ですることができない」としており、共同遺言を禁止しています。

 共同遺言の場合、遺言作成にあたり、遺言者がお互いに遠慮するなどして遺言内容についての各遺言者の自由が完全に保障されないおそれがあります。また、遺言作成後においては、遺言撤回の自由が制約されることも考えられます。
 以上のような理由で、民法は、共同遺言を禁止しています。

共同遺言には、各遺言者の遺言条項がそれぞれ独立していて、相互に何ら影響を及ぼさないと認められるものもあれば、各遺言者が相互に相続分の指定や遺贈を行うなどして、相互の遺言条項が関連しあっているものもありますが、民法975条によれば、いずれについても遺言としては無効ということになるでしょう。

したがいまして、遺言書を作成される際には、各遺言者についてそれぞれ遺言書を作成する必要があります。

なお、各遺言者の遺言条項がそれぞれ独立していて、相互に何ら影響を及ぼさないと認められるもので、切り離せば数通の独立した遺言書になる場合は、民法の禁止する共同遺言には当たらないとされる余地はありますが、事後の紛争を避けるためにも、各遺言者についてそれぞれ遺言書を作成されるのが良いかと思います。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。