不倫関係にある者に財産を与えることを内容とする遺言の効力を否定することは出来ますか?

不倫関係にある者に財産を与えることを内容とする遺言の効力を否定することは出来ますか?

 

 

A. 遺言についても、公序良俗(民法90条)に反する内容のものは無効とされます。

 

 もっとも、不倫関係にある者に財産を与えることを内容としていることのみで、その遺言が公序良俗に反するということになるわけではありません。この場合、遺言が公序良俗に反するかは、遺言者と配偶者との婚姻関係の実態、不倫関係の継続性の程度、遺言が不倫関係の維持継続を目的とするものであるか否か、遺言の内容が法定相続人の生活基盤を脅かすものであるか否か等を考慮して判断されることになります。

 また、遺言が公序良俗に反するとまではいえないと判断される場合であっても、その遺言が遺留分を侵害するものであれば、遺留分減殺請求権が行使されることにより、遺留分の保全に必要な限度で、遺言による財産処分は効力を否定されることになります。
したがって、不倫関係にある者に財産を与えることを内容とする遺言がされた場合、その遺言が遺留分を侵害するものであれば、遺留分権利者は、遺留分減殺請求権を行使することにより、遺留分の保全に必要な限度で、不倫関係にある者への遺言による財産処分の効力を否定することができます。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。