遺言に家族へのメッセージをいれてはダメですか?

A. 遺言に家族へのメッセージを入れたことにより、遺言が無効になることはありません。
 ですから、例えば、「兄弟姉妹仲良く暮らすように」といったメッセージを遺言書に書いても問題はありません。

 もっとも、法律上、遺言によって効力が生ずる事項(これを「遺言事項」といいます)は制限されていますので、遺言書(と題した書面)に書いた内容の全てについて法律上の効力が認められるわけではありません。

 したがって、家族へのメッセージにも様々なものがありますが、遺言事項にあたらなければ、遺言としての法律上の効力は認められないことになります。例えば、上に述べた「兄弟姉妹仲良く暮らすように」といった訓辞的なメッセージを入れても、遺言事項にあたらず、遺言としての法的拘束力は認められません。

 しかし、遺言としての法律上の効力が認められないとはいっても、遺された者に対して感謝の気持ちや訓辞を示すことはそれなりに意味があることだと思われますので、そういった内容の家族へのメッセージを遺言に入れることも意味のあることだと思います。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。