高齢の父が遺言書を作成した後に、認知症になってしまいました。認知症になる前に作成された遺言書は無効となってしまうのですか?

遺言書を書いた時点では、意思能力があったとすれば、その後に認知症になったとしてもその遺言書は有効と考えられます。

 民法963条は、「遺言者は、遺言をする時においてその能力を有しなければならない」と定めており、遺言をした時点で、遺言者が、自らの行為の結果について弁識・判断する能力すなわち意思能力を有していたことが必要です。

 しかし、遺言をしたときに、遺言者に意思能力が備わっていれば、遺言後に遺言者が意思能力を失ったとしても、遺言は有効と考えられます。

 このように、問題となるのは、遺言がされた時点における遺言者の状態がどのようなものであったかということになります。そのため、遺言の効力の判断にあたっては、遺言がされた時点において、遺言者の意思能力が失われていたと認められるような事情が存在するかどうかが重要となります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。