家業を継ぐ長男に多めに相続させたいがどんな方法がある?

家業を継いでくれることに対する感謝の意味と、家業を継ぐ上で必要な不動産や動産について、他の相続人と分割することで不都合が生ずるのを防ぐ意味もあって、家業を継いでくれる者に多めに財産を承継させたいというのは、決して珍しいことではないと思います。

 このような場合、家業を継いでくれる相続人が引き継ぐ財産が、他の相続人より多くなるように各相続人への財産の分配を考えた上、それを内容とする遺言をしておくことが考えられます。例えば、家業に必要な不動産や動産、家業の運営に必要な資金にあてるための現金や預金などを、家業を引き継ぐ相続人に、それ以外の財産を他の相続人に、それぞれ相続させるといった具合です。

 遺言書を作成する場合には、民法の定める方式に従って作成しないと、遺言としての効力が認められませんので、注意が必要です。

 また、遺言書の内容が、遺留分(相続財産のうち、一定の相続人に最低限のものとして法律上保障されている取り分のことです)を侵害するものであれば、遺留分を有する相続人がその権利を行使することで、遺言は遺留分を侵害する限度でその効力が否定されることになりますので、この点にも注意が必要です。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。