全ての財産を家業を継ぐ相続人に引き継がせることはできますか?

概要は以下のとおりです。
農業に従事してきた一家で、長男の方が後継者になりましたが、相続を考えると農地と長男夫婦が住む実家の土地と建物しか財産がない。
そのため、農業を継いでくれる長男にはそれらの財産を引き継がせたいが、ほかに財産がないので、次男と三男に引き継がせる財産が無くなってしまう。
 このような場合、どうしたら良いのでしょうか、というのが今回のご質問です。

家業である農業を引き継ぐ者(今回の場合は長男)に全財産を相続させる旨の内容の遺言書を作成すること自体は可能です。
しかし、そうすると、他の相続人である次男や三男が遺留分(相続財産のうち、一定の相続人に最低限のものとして法律上保障されている取り分のことです)を主張した場合、遺留分を侵害する限度で遺言の法的効力が否定されてしまいます。

したがって、この場合、全ての財産を家業である農業を引き継ぐ者に相続させることについて、すべての相続人に納得してもらう必要があり、そうでない限り、今回のケースで、相続人である長男に全ての財産を相続させることは難しいということになります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。