被相続人が生前経営していた店に在庫として保管されていた商品は相続財産になりますか?

被相続人が生前経営していた店に在庫として保管されていた商品も、それが被相続人の所有物である限りは、相続財産を構成することになります。

 この場合、遺産分割にあたり、在庫となっている商品をどうするかが問題となりそうです。

 被相続人が生前経営していた店を閉めてしまうというのであれば、例えば、在庫となっている商品を売却し、その売却代金を含めて遺産分割を行うという方法も考えられます。

 これに対して、相続人の一人が、被相続人の経営していた店を引き継いで経営していくことになった場合、在庫となっている商品についても、被相続人の店を継ぐことになったその相続人の相続させた方が合理的であるという場合が多いと思われます。この場合、遺産分割を行うに当たっては、在庫となっている商品がどれくらいの価値を有するものかを確定することが必要になってきます。

 なお、被相続人が事業を経営していた場合、相続財産には、在庫商品の他にも、原材料や部品、製造途中の製品、特許権等の知的財産権、機械設備等の動産、工場等の不動産が含まれる場合があり、遺産分割にあたってはこれらについても在庫商品と同様の問題があります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。