内縁の妻に内縁の夫婦で建てた家の権利はないか?

このケースは、およそ20年一緒にくらしてきた内縁の夫婦が、二人の貯めたお金で買った夫名義の分譲マンションがあり、幸せに暮らしていましたが、その夫が急死したのです。
夫には兄弟が二人いて、彼らは、夫の名義のマンションであり、内縁の妻には相続権がないのだと言って、そのマンションから出ていけと主張しているというものでした。

 内縁の配偶者に相続権はありませんので、内縁の妻であることから当然に内縁の夫の有していた財産について権利が認められるわけではありません。今回のようなケースについて内縁の妻をどのように保護するかについてはこれといって確立した方法がなく、なかなか難しい面もありますが、個々のケースの具体的事情に応じて、以下のように内縁の配偶者の保護が認められる場合があります。

 まず、今回のケースでは、内縁の夫婦が二人で貯めたお金で分譲マンションを購入して、名義を内縁の夫名義にしていたという事情があります。このように、内縁の夫婦それぞれが費用を出し合って不動産を購入している場合、名義が内縁の夫(妻)の単独所有とされていても、その不動産が内縁の夫婦の共有財産であるとして、内縁の妻(夫)にもその不動産につき一定の割合の持分が認められることがあります。

 また、生前に内縁の夫が内縁の妻に対して家を贈与していたと認定したり、内縁の夫婦の間で一方が先に死亡した後は他方が単独で使用する旨の合意が成立していたと認定したり、内縁の夫の相続人が内縁の妻に居住家屋の明け渡しを求めることが権利の濫用にあたると判断したりして、内縁の妻を保護した判例等があります。

 このように、内縁の配偶者の保護が認められた例はありますが、個々のケースの具体的事情に応じて結果も異なり、簡単に、また、確実に認められるというわけではありません。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。