私の母は私が幼いときに亡くなり、その後、私の父は別の女性と再婚しました。この度、父の再婚相手が亡くなりましたが、私は父の再婚相手の相続人となるのですか?

この場合、父親の再婚相手と相談者の方が養子縁組をしていない限り、相談者の方は父親の再婚相手の相続人にはならないと考えられます。

 被相続人の子として相続人になるのは、被相続人の実子もしくは養子に限られます。
 そして、父親の再婚相手と相談者の方の間に実の親子関係はないということですから、相談者の方が父親の再婚相手との間で養子縁組をしていない限り、被相続人の実子や養子に当たらないということになり、相続人にはならないということになります。

 このように、親が再婚しても、子供と再婚相手との間に法的な意味での親子関係が当然に生じるわけではなく、養子縁組をしないと法的な意味での親子関係は生じないということになります。

 したがって、今回のような場合、養子縁組をしていない限り、相談者の方は父親の再婚相手の相続人にはならないということになります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。