遺言書の中で息子に相続させることにしていた土地について、遺言書を作成した後、とても良い条件での購入を希望する人が現れ、その人にその土地を売りたいと考えています。このような場合、遺言書を書き直す必要がありますか。

今回の場合、遺言書を書き直す必要は必ずしもありません。
そもそも遺言については、遺言者にかなりの自由が認められています。
遺言書の中で相続させることにしていた財産について、遺言書の作成後に気が変わり、遺言者が生前に第三者に売ったりするなど処分することは、いつでも所有者(=遺言者)の自由なのです。
また、遺言の中で相続させることにしていた財産について、遺言をした後に、第三者に売るなどの処分を遺言者がした場合、遺言のうちその処分と内容的に矛盾する部分は撤回されたとみなされ、効力を否定されることになります。
したがって、今回のようなケースでは必ずしも遺言書を書き直す必要はありません。

もっとも、遺言の一部が撤回されたことを何らかの形で明確にしておきたいというお考えを持つ方も多いと思いますし、相続のときになって事情を知らない相続人の方が混乱しないように何らか配慮が必要な場合もあります。
そして、生前処分により遺言の一部が撤回されたことを明確にしておくためには、新たに遺言書を作成し、古い方の遺言書を破棄するという方法が考えられ、この意味では、遺言書を書き直した方が良いという場合もあるということになります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。