養育費支払中の元夫が亡くなりました。元夫の再婚相手に養育費の支払いを請求できますか?

残念ではありますが、元夫が亡くなった以上、子供の養育費は誰にも請求することはできません。
元夫が亡くなったことによって、元夫の養育費を支払う義務は消滅しました。
これは誰も相続することがありません。
養育費支払い義務は、元夫の一身に専属している(特定の人のみに専属し、他の人へは移転できない)ものであって、相続されることのないものだからです(もっとも、支払時期が来たのに未払いのとなっている養育費については一身専属性が否定される可能性があります)。

ただし、養育費の支払いを受けていた子は、元夫の子であり、相続人となります。
元夫と再婚相手との間に別の子供がいる場合であっても、同じです。
法定相続人として権利がありますから、遺産分割協議に参加をして、自らの相続分を主張していくことになります。子が未成年の場合には、法定代理人が遺産分割手続を行うことになりますが、場合によっては未成年者のために特別代理人の選任が必要であり、注意が必要です。


0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。