生前に相続について家族と話し合うのはダメですか?

生前に相続について御家族と相談されることについて法的には何らの問題もありません。

 実際にも、生前に相続について御家族と話し合ったりしておくことで、後になって相続をめぐるトラブルが発生することを防止するという良い効果が得られるという場合もあるかと思います(もちろん、その席で家族の間で喧嘩になってしまう可能性が無いとは言えませんが)。

 例えば、遺言書をこれから作成する場合や、遺言書を既に作成している場合に、遺言書の存在や大まかな内容を生前に話しておくことで、遺言書が発見されないという事態を避けることができるでしょう。

 また、遺言書の内容について、法定相続人となり得る人の理解や納得を得ておくことができれば、遺言者の方がなくなった後に、遺言の効力についての争いや遺留分減殺請求権の行使などにより相続をめぐって親族間で争いになることを避けることができるかも知れません。

 このように、生前に相続について家族と話しておくことは法的には何ら問題の無いことですし、場合によっては良い方向に働くこともありますので、そのような機会を設けることがダメということは全くありません。
 

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。