嫁の実家に婿養子に入った場合、相続はどうなるのでしょうか?

現在の日本において、「婿養子」という制度が法制度として存在しないことは以前お話したとおりです。

 そして、相談者の「婿養子に入った」というのが、結婚するのと同時に、奥様のご両親と養子縁組したということであれば、相談者の方は、奥様のご両親の養子になったことになりますから、奥様のご両親が亡くなった場合、子として法定相続人になることになります。
 すなわち、養子は縁組の日から養親の嫡出子(「嫡出子」とは、婚姻関係にある夫婦から生まれた子のことを指します)たる身分を取得し(民法809条)、奥様方の親(養親)が亡くなった場合は、相談者の方にも相続権が発生することになります(民法887条1項)。そして、その相続分は実子である奥様と同じです(民法900条4号)。

これに対して、結婚するときに、夫婦の氏(名字のことです)として奥様の氏を選択したというに過ぎない場合には、奥様のご両親が亡くなっても、相談者の方が相続人になるわけではありません。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。