私の父が先日なくなりました。父は、全財産をある団体に寄付するという内容の遺言書を作成していました。この場合、相続はどうなりますか?

遺言によって、相続人以外の第三者に財産を譲り渡すことも可能です。
 ですから、今回のケースのように、遺言によって自らの財産を寄付するということも可能ということになります。

 もっとも、全てが遺言の通りになるとは必ずしも限りません。
民法は、相続財産の一定割合を一定の範囲の法定相続人に留保するという制度を設けており(これが遺留分制度と呼ばれるものです)、遺言により自らの遺留分(遺留分制度により相続人に留保された一定割合の相続財産)を侵害された相続人が遺留分減殺請求権を行使することにより、その限度で遺言による財産処分は効力を失うことになります。

したがって、今回のケースでも、遺留分減殺請求権を行使すれば、全く財産を相続できないという事態は避けられるものと考えられます。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。