相続分の指定を第三者に頼んでも良い?

被相続人は、遺言で、共同相続人の相続分を定め、またはこれを定めることを第三者に委託することが認められています。
民法は、相続人が複数いる場合に、それぞれの相続人が相続するのは遺産のうちのどのくらいの割合になるのかについての規定を置いています。そして、それぞれの相続人が相続する遺産の割合を「相続分」、民法の定める相続分を「法定相続分」と呼んだりします。
このように、相続分については民法の定めがありますが、遺言で、相続分を定めることや、相続分をどのようにするか決めることを第三者に頼むことが認められており、このような遺言がされた場合には、遺言の内容が優先します(ただし、遺留分を侵害するような場合は別です)。
したがって、相続分の指定を第三者に頼むことは可能です。
しかし、相続分の指定や指定の委託は遺言によって行わなければならないとし、遺言以外の方法によることはできません。
なお、相続分の指定は、一部の相続人だけついて行うことも可能で、指定がなかった相続人の相続分については、残余を法定相続分で比例分割して算出することになります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。