養子縁組をした場合の相続について教えて下さい。

養子縁組をした場合、養親と養子との間には法的な親子関係が生じることになります。
 したがって、養子は養親の子として、養親が亡くなった場合には、相続人となります。また、民法は、養子と実子の間で、相続割合について差を設けることはしていません。

 それでは、養子の実親が亡くなった場合、養子は相続人となるのでしょうか。
 この点については、普通養子縁組と特別養子縁組とで結論が異なります。
 まず、普通養子縁組の場合、養子縁組をしても、養子と実親との法的な親子関係は終了しません。したがって、養子縁組後も、養子は実親の子であり、実親がなくなった場合、養子は相続人となります。
 これに対して、特別養子縁組の場合、養子縁組により、養子と実親との法的な親子関係は終了します。したがって、養子縁組後、実親が亡くなっても、養子は相続人とはなりません。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。