遺産はどのように分割したら良いのでしょうか?

遺産をどのように分割したら良いのか、迷ってしまう方もおられるかと思いますがどのように分けるかは亡くなられた方の遺言の有無によって異なってきます。

 

遺言がある場合ですと、それぞれの相続人が遺言の内容に従って財産を取得することになります。ただし、遺言の内容が相続人の遺留分(一定の範囲の相続人に留保された相続財産の一定割合のことで、簡単に言えば、民法が相続人に認めている最低限の取り分のことです)を侵害しているため、遺留分減殺請求権が行使された場合、全てについて遺言の内容通りに財産が取得されることにはなりません。

 

これに対して、遺言に記載されていなかった財産がある場合やそもそも遺言がされていないといった場合には『遺産分割協議』というものが必要になってきます。

 

すなわち、相続人全員によって遺産分割協議をおこない、その協議により遺産の取得者や遺産の承継者を決めることとなります。この際、たとえば相続人の中の1人だけが遺産の全てを取得するということも可能なのです。相続人全員の合意があれば、遺産をどのように分けたとしてもかまいません。遺産の取得者が決まった時点で、遺産分割協議書を作成して、署名および押印をします。そして、財産の名義変更をして相続の手続きは終了となります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。