養子は相続人になれるのでしょうか?

ディスクリプション『ここでは、養子は実子と同じように相続人になれるのかどうか、また非嫡出子のケースについても説明しております。』

養子は、養子縁組により、養親の嫡出子の身分を取得するとされています。
被相続人のお子さんは相続人になれますが、そのお子さんが実子ではなく養子だった場合にも同じように相続人になります。相続人となることが出来る養子の数に制限はありませんし、相続できる割合(法定相続分)について養子と実子との間で差が設けられているということもありません。
 なお、養子には、普通養子縁組と特別養子縁組とがありますが、普通養子縁組については、養子縁組後も養子と実親との法律上の親子関係はなくなりません。従って、実親との関係でも養子は相続人となります。

このように、養子も実子と同じように相続人となり、相続できる割合も実子との間で差が設けられているということもありません。

これに対して、被相続人の子であるという点では違いがないのに、法定相続分について区別された取扱がされる場合があります。嫡出子と非嫡出子との間の区別です。嫡出子とは、婚姻関係にある男女の間から生まれた子供のことで、非嫡出子の法定相続分は嫡出子の法定相続分の半分とされています。
なお、非嫡出子については、父親との関係で相続人となるためには、父親から認知されている必要があります。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。