相続の際に親族同士でもめた場合どうなるのでしょうか?

相続が発生した際にもめごとが起きてしまうケースというのは決して少なくはありません

もめてしまうと、財産の名義変更や処分が出来なくなってしまいます。
どうしてかと言いますと、相続が発生するとその時点での遺産に関しては相続人同士の共有の財産となり、共有している状態から各相続人の名義に変更するためには遺産分割協議をおこなってどの遺産をどの相続人が取得するかを決めて遺産分割協議書を作成する必要があるのです。
 しかし、もめごとが起こっている状態でしたら、遺産分割協議書を作ることさえ出来ないためです。 

そして、協議によって話がまとまらない場合には家庭裁判所で調停をおこない、相続人全員での話し合いにより分割を決めていくことになります。さらにそこでも話合いがつかなかった場合には、家庭裁判所の審判により遺産が分割されることになります。

相続人の経済的な事情や被相続人の面倒をみていたという主張、異母兄弟がいる場合、後妻と先妻の子同士など、相続上のもめごとになりやすいケースというのはたくさんあるのですが、もめごとが起きないように解決できれば良いものです。

0120-783-981

メールでのご予約も受け付け中です。

相続・遺留分割・遺留分の無料相談。まずはお問い合わせください。

メールでのご予約も受け付け中です。